WCAN プレゼン ワークショップ 2011が11月4日(金)と5日(土)に開催されます。(※内容的には同じものです。参加者が違うのでWorkshopパートとそれに対する内容は違うはずですが…。)CSS Niteですごい数のプレゼンをこなす鷹野さんのプレゼンテーションにフィーチャーしたWCAN ワークショップです。わたしは土曜日の参加に申込みました。
プレゼンテーションとは「10人くらいの人数を前に、薄暗い会議室でPowerPointを使いながら話すこと」みたいなことでは無く、日常生活の中で相手に自分の気持ちを解りやすく伝えるという誰にでも関係のあることです。
クライアント先に出向いて説明する職種で無くても、例えば上司や部下に何かを説明したりすることは日々あるでしょうし、仕事ではなくても、例えば車を買う際になぜこの車種が欲しいのか妻に説明することがあるかもしれません。妻は次の連休にどこか旅行に行きたいとあれこれパンフレットを見せながら夫に説明したり、友達同士で次の女子会はこのお店がいいと思うんだけど。なんて皆に説明することもまたプレゼンだと思います。


TalkNote Vol.3での鷹野さんのセッション


自分の考えを解りやすく相手に伝えると言うのは実は結構難しくて、相手と全く同じ体験や言葉の定義を持っているわけでは無いので、つまり全く同じ脳を搭載しているわけでは無いので、こちらが伝えようとしていることはまず100%伝わってはいません。
ちゃんと伝えるためには、ロジック、スライド、デリバリー、この3つが大切。究極はスライドが無い状態でしっかりと伝わるプレゼンができるればいいのでしょうけど。ロジックに置いていかに話の内容を組み立てるかを道筋立てる作業がとても大切。そしてそれを如何に解りやすく効果的にスライドにまとめるか。そしてデリバリー。どう相手に伝えるか。この3つが揃ってはじめて相手が受け取ってくれる準備が整った状態です。

先日、WCAN Autumnで使ったスライドを、鷹野さんのオフィスを訪問した時に見てもらったところ、このエフェクトは止めた方がいい。あとここはこうした方がいいよ。とか言いながら1分もかけずに数ページちょちょいと手を加えてもらっただけで、まるで魔法をかけたように凄く良くなりました。こんなことならWCANの前に見てもらうんだったと少し後悔。
そんな短時間でもスライドの見栄えが全然違うので、ワークショップでちゃんと流れを組み立てて、スライドをちゃんと作りこみ、実際に人前で話す実践を5時間やればかなり自信がつくはずですなのでこのワークショップはかなりオススメですよ。
クライアントさんに日々何かをプレゼンする立場の人も、上司や同僚になぜこのデザインになったのかを説明するデザイナーも、コーダーやデザイナーにプロジェクトをどう進めるのかを説明するディレクターも、色んな立場の人が必要なスキルだと思いますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

追記----(2011-10-26 17時45分)

こんなにイイっておすすめのワークショップなのに、想定した人数が集まらずに土曜日のみになってしまいました。(金曜版は中止)なんと勿体無い。
Facebookにも書きましたが、そこそこ大人になってしまうとなかなか他人からダメだしされたり、指摘されることは無くなるのです。それは完璧だからじゃなくて、ただ言われなくなるだけ。だからこう言うワークショップで参加者の人から、人前で話す時の自分の癖や悪いところをちゃんと指摘してもらう事、逆に人のをしっかりと見て良いところ悪いところを吸収することはとてもいい体験だと思います。
ぶっつけ本番とか自分なりに練習してプレゼン後、オーディエンスからのアンケートやクライアントさんの評価が悪かったらその時はかなり凹みますし、もうとり返しがつきません。事前にこういう体験をしておくことで、話す時の癖や気になる所を自分で把握した上でプレゼンに望むことができます。癖を直す努力をするもよし、それを生かしたプレゼンを磨いてオリジナリティを極めるもよし、事前に知っていると色々と対応ができるものです。なのでなんか人前で話すワークショップなんてちょっと恥ずかしいから嫌だなぁって思って躊躇している人こそ是非参加してみてください。ホントにおすすめですよ!
まだ、現時点で10席ほど空きがあるようです。

追記----(2011-10-27 00時45分)

角南さんもブログでええ事書いてはります。そちらも是非読んでみてください。
上手なプレゼンを求めていく気持ち|withComputer

関連タグ:告知 WCAN 

Did you like it?

いかがでしたか? よかったらTwitterやFacebookなどあなたの好きなサービスで是非共有してみてください。

このブログを書いている人

おかだよういち:

Designer + Photographer

兵庫県相生市在住。 1986〜1992年までシアトルに滞在。Northwest College of Artのビジュアルコミュニケーション科でアート・写真・デザインを学ぶ。その後東京のデジタルイメージ制作会社FOTONに入社。6年間の広告ビジュアル制作で修行し、現在は関西でWeb制作や撮影を中心にフリーランスで活動すること十数年。各地のセミナーイベントなどに頻繁に出没する。

ページの先頭へ

blog comments powered by Disqus