昨年から何度かセミナー・イベントで高松に来ていますが、電車で日帰りだったこともあり昼は会場に直行、夜は懇親会とかで、実は全然うどんを食べてなかったので、毎回泊まりの人達が翌日のFacebookに大量のうどん写真をアップするのを見て、いつかわたしも絶対にやるって思ってました。
今回はその、翌日に地元の仲間が美味しいお店を厳選して連れ回してくれるうどん巡りツアーに参加させてもらうために車で行ったので、いっぱいうどん食べてきました。


川福マリタイムプラザ高松



12時15分くらいに会場のサンポート高松に到着して早々、12時30分の開場までにささっとランチにまず1うどん。会場の隣のビル内の「川福マリタイムプラザ高松」できつねうどんを頂きました。お揚げさんの上に生姜がいっぱいのってて美味しかった!今度家できつねうどん食べる時もこの生姜乗せやってみよ。
きつねうどん、560円。PANIC JAPANの長谷川さんがおごってくださいました。^^
長谷川さん、ごちそうさまでした!


ここの3Fのレストランフロア。会場から一番近いうどん屋さん(のはず)。
お店川福マリタイムプラザ高松
場所香川県高松市サンポート2番1号 3F
営業時間11時00分〜22時30分(LO 22時00分)
ねだんきつねうどん 560円

手打ちうどん 鶴丸



懇親会の後、お酒もお酒のアテに出てくる料理もすっごく美味しかった「onseん」って名前のBarでそこそこ飲んで食べて深夜0時をまわった頃、最後はシメのカレーうどんを食べようと言うことで、鶴丸というカレーうどんが有名なお店に行きました。ここ夜中の3時まで開いてるそうです。店の外までカレーのいい香りが漂ってて、別にお腹が空いているわけでもないのにお腹がぐぅ〜っとなります。恐るべし!
そして「ここでは、おでんのお豆腐を食べといたほうがいいよ。」って中川さんが言うので、頼みましたがいっこがでかい。からし味噌がかかっててお豆腐も美味しかった。カレーうどんはわりとピリ辛で、飲んだ後のシメにはとてもよく合う一品でした。


夜中でも賑わってる繁華街にあるお店。
お店手打ちうどん 鶴丸
場所香川県高松市古馬場町9-34
営業時間昼:11時38分〜14時
夜:20時〜27時
ねだんカレーうどん 700円
おでんお豆腐 300円

橋本農機具店



朝9時30分に集合。車4台で出発しました。総勢たぶん17名。
まず辿り着いたのは、駐車場もない、っていうか全然お店の感じがない、っていうか既に店名すらうどん屋さんっぽくない「橋本農機具店」。いきなりなかなかマニアックでテンション上がる。俄然モチベーション上がって来ました!


ここは本当に麺だけを提供してくれるお店で、箸もうつわも薬味も醤油も自分で用意しないと食べられない。鍋坂さんが用意してくださった一式で、白く輝く麺にネギと鎌田醤油そさっとかけて食べる。コシがあってのど越しもつるりん。うどんは飲み物らしい。お値段なんと70円!ここは全員分、ヘルツの山崎さんがおごってくださいました。
山崎さん、ごちそうさまでした!


なにもない普通の道にあるお店でもなんでもないたたずまい。
お店橋本農機具店
場所高松市仏生山甲1120
営業時間10時〜15時30分
ねだん70円

宮武うどん




そこから車でしばらく走り次はちゃんと駐車場も看板もあるお店「宮武うどん」。地元ぃのレコ麺で「ひやあつ」と先程のと食べ比べたかったら「しょうゆ」を頼むといいってことで、言われるがままその2つを注文。
わぉ!しょうゆは先程の橋本農機具店の麺とはまた全然違う。おかだの幼稚なボキャブラリーではこの2つの違いを文章で表現することができないのが歯がゆいですが、ほんの少し太さや質感が違うだけで、ずいぶん違う感じ。ん〜これは奥が深いぞ。一方のひやあつは、冷たいうどんに熱い出汁がかかってるもの。なんか絶妙なハーモニーでした。


お店宮武うどん
場所高松市円座町340-1
営業時間10時〜15時
ねだんひやあつ小 230円 しょうゆ小 200円

日の出製麺所



高松からしばらく運転して坂出市の「日の出製麺所」。到着したら凄い行列。駐車場に誘導するガードマンまで居る。我々が並んだ後も次々と人がきて列に並ぶ。凄い人気店みたい。ここではみんなで釜玉を注文。玉子の上にあつあつの麺を入れたのが出てきて、自分でネギをハサミで切ってかける。出汁か醤油をかけて食べる。あつあつツルツルのうどんとまろやかな生玉子がからまってこれまた超ウマ!ここも山崎さんにごちそうになりました。ありがとうございました!


お店日の出製麺所
場所香川県坂出市富士見町1-8-5
営業時間10時〜15時
ねだんかまたま 150円

長田 in 香の香



最後は善通寺市に移動、釜あげうどんの「長田 in 香の香 」。店内はずっと混雑してて大繁盛してました。ここでは、たらいに入った大きな大量のうどんをみんなで食べるスタイルで頂きました。大きなとっくりに入った熱々のつけ出汁と、冷たい出汁が用意されてて、好みに合わせてつけ比べ。もうかなりお腹いっぱいの状態でしたが、みんなで頑張って完食しました。
ここは技術評論社の馮さんがおごってくださいました。馮さんごちそうさまでした!


お店長田 in 香の香
場所香川県善通寺市金蔵寺町1180
営業時間9時〜17時
ねだんたらい大 2000円

Photoいろいろ...






いやぁ、なんかもの凄く楽しかった!東京から来られてるみなさんと東北から来られてるみなさんと、地元の詳しいみなさんと、大勢であちこち移動しながら一緒に美味しいうどんを巡るなんて、ちょっとした遠足気分だし、なかなかこれだけの面子が揃うことなんてないですし、また機会があれば参加したいです。
山崎さん、鍋坂さんご夫妻に色々お世話になりました。本当にありがとうございました!

関連タグ:うどん 

Did you like it?

いかがでしたか? よかったらTwitterやFacebookなどあなたの好きなサービスで是非共有してみてください。

このブログを書いている人

おかだよういち:

Designer + Photographer

兵庫県相生市在住。 1986〜1992年までシアトルに滞在。Northwest College of Artのビジュアルコミュニケーション科でアート・写真・デザインを学ぶ。その後東京のデジタルイメージ制作会社FOTONに入社。6年間の広告ビジュアル制作で修行し、現在は関西でWeb制作や撮影を中心にフリーランスで活動すること十数年。各地のセミナーイベントなどに頻繁に出没する。

ページの先頭へ

blog comments powered by Disqus
Instagram