満月の夜、月明かりに照らされた工場萌えっぽい写真を撮ってみました。場所はエコパークあぼしのところにあるヨットハーバーから北を望むとすぐそこに見えるダイセル化学工業です。時間は23時頃。普通は夜景を撮影する時はホワイトバランスを太陽光の色温度に設定していることが多いですが、工場のように多くの水銀灯が光っている場合は太陽光の設定だと画面中が緑色に写ってしまうので、ここは安全に後から好きな色温度で現像できるようにRAWで撮っておくことをお勧めします。これもRAWで撮影してLightroomで出力しています。


兵庫県の瀬戸内海沿いには多くの企業のプラントが並んでいます。姫路も例に漏れず大きな工場がいっぱい夜中もかっこよく光っています。地元のバス会社、神姫バスも姫路のプラント地帯を巡る「工場夜景ツアー」を商品化しているようなので、そういうのに参加するのも近道かもしれません。わたしは、お金も勿体無いのと自分のペースで撮影したいのとでツアーには参加していませんが、だいたいGoogleマップで工場と周辺の地形や道路や車を止められる場所とかのアタリを付けて実際に何度かロケハンに行って場所と時間と治安的なことをチェックして満月の夜を中心に月が明るい日を狙って撮りにいきます。今回はわりと広角系のレンズばかりだったのでまた次の機会には望遠レンズで挑戦してみようと思います。

メインの写真の撮影データはこんな感じです...
カメラ: Nikon D300s
レンズ: Nikon AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR
シャッタースピード: 8秒
絞り: F8
ISO: 800
露出補正値: 0
撮影場所:

関連タグ:工場萌えっぽい写真 夜景 

Did you like it?

いかがでしたか? よかったらTwitterやFacebookなどあなたの好きなサービスで是非共有してみてください。

このブログを書いている人

おかだよういち:

Designer + Photographer

兵庫県相生市在住。 1986〜1992年までシアトルに滞在。Northwest College of Artのビジュアルコミュニケーション科でアート・写真・デザインを学ぶ。その後東京のデジタルイメージ制作会社FOTONに入社。6年間の広告ビジュアル制作で修行し、現在は関西でWeb制作や撮影を中心にフリーランスで活動すること十数年。各地のセミナーイベントなどに頻繁に出没する。

ページの先頭へ

blog comments powered by Disqus
Instagram